オフサイドのルール

オフサイドのルールについて説明します。

こちらにオフサイドのルールが載っています。
日本サッカー協会(JFA)のホームページです。
意外にわかりやすく説明が書いてあります。

3点、補足をします。

◆➀フリーキックの位置
オフサイドポジションにいた競技者がボールを受けてオフサイドになった場合、
フリーキックはパスが出された時の競技者の位置になります。
パスを受けた位置ではありません。
下の図の場合、一つ目の図のOF2の位置でフディフェンスしているチームのフリーキックとなります。
2つ目の図のパスを受け取った位置ではありません。

またプレーに関与しない、できない位置にいる選手は、オフサイドポジションにいてもオフサイドになりません。
次の図を見てください。
OF2はオフサイドポジションにいませんが、OF3がオフサイドポジションにいます。
この状態でOF1からOF2にパスが出た場合、OF3はプレーに関与していないとみなされ、オフサイドになりません。
OF1からOF3にパスが出た場合は、オフサイドになります。

ちなみにOF3がプレーに関与しているかどうかは審判の判断次第になります。
下の図の場合、審判によってオフサイドになる場合とならない場合があります。
この辺がわかりにくくしている原因ですね。

◆➂ディフェンスは2人
攻撃している選手の前にいるのは相手選手2人です。
GKはほとんどの場合、攻撃選手の前にいるの相手選手が1人いればよいと覚えている方がいますが、
下図のようにGKがとび出したケースでは前にいるのがDF1人ではオフサイドになります。

◇◇◇ ブログ村のランキングに参加しています ◇◇◇
にほんブログ村 サッカーブログ

スポンサーリンク
レクタングル大
固定ページ