2018 ワールドカップ最終予選 日本vsイラク戦 想定外の先制点を取ると何をしていいかわからない病は治っていなかった

ワールドカップ最終予選 日本vsイラク戦

松木語録を楽しみながら絶対に勝たないといけない試合。
※見どころはこちらを見てください。
開始前の松木さん 本田圭佑が誕生日。何か持っているな!!!

試合内容

スタメン

FW 久保 大迫 本田
MF 原口 遠藤 井手口
DF 長友 昌子 吉田 酒井(宏)

原口がトップ下に入った。
土壇場で初めての位置。
カウンター要因?ディフェンス要因?

前半

前半はイラクが攻めて、日本代表が守備からカウンターを狙う展開だった。
序盤は日本がボールを保持して攻める。
それに対してイラクはDFから裏を狙ってロングボールを入れてくる展開。
ロングボール一本なので裏を取られることなく守れていた。

だが、日本に点が入ってから、イラクはディフェンスラインから簡単にボールを入れていたのが、
ディフェンスラインでゆっくり繋ぎながらサイドへ展開する様になる。
それに対して日本の攻撃はカウンターでの速攻が多くなる。

点が入ったからこそ、もっとゆっくり回した方がよいと思ったが速攻が多かった。
速攻ゆえに相手ボールになるのも早く、相手の攻撃を何度も受けていた。

ただ、日本DFは落ち着いて対応できていた。
ロングフィードでDFラインが下がった為、序盤こそ、ボランチとセンターバックの間が空き、こぼれ球を拾われたが、即座に修正できていた。
ただ、井手口、遠藤が前にでてボールを取るのを控えたため、イラクがDFラインでゆっくりとボールをつないでサイドから攻める展開になった。
それに対して、本田、久保が下がってサイドバックの上がりに対応して落ち着いて守っていた。

メモ

1分 10番が左サイドに流れ、サイドへ吉田が引っ張られる。
ダブルボランチで守っている。
5分 右サイドのビルドアップ。遠藤が本田の横まで上がってきてボール回しに参加。
5分 右サイドからの攻撃に対し、23番の上がりに久保がついてきてしっかりマーク。
6分 カウンター。右サイド本田からのパスを前線へ上がってきた遠藤へパス。1対1で倒される。
  松木さんぼそっとラグビーじゃない???
8m 大迫がポストプレーから前を向いてPAへドリブル。原口が割り込んできてシュート。
8分 右CKからニアサイドで戻りながらヘディングで大迫得点。
10m ディフェンスラインから裏へのパス。昌子がカット。
ディフェンスラインから左サイドへの裏へロングフィード。酒井が対応。
   ラインを低い位置に設定して対応。
13m 右サイドで井手口がキープ。右で高い位置の酒井にパス。上がってリターンをそのままシュートもふかす。
14m 右サイド裏へのロングフィードも酒井が落ち着いて対応。
16m イラク、左サイドから右サイドへパスをつないで展開。そこから縦を狙ってきたが昌子が体をいれて止める。
17m 中央へのロングボールを吉田が頭で弾くもバイタルへこぼれたボールを相手に拾われる。原口が急いで対応するもイラクの左サイドへ展開。
そこからクロスを入れられあわやのシーン。
20m 右サイドからクロス。左サイドへ流れる。相手のカットインに酒井が対応。こぼれたボールを拾われるも原口がチェイシングで下げさせる。
22m カウンターも前線の原口にはつながらず。速攻を狙う故にボールロストも早い。ゆっくりつないでリズもを変えてもよい。
23m イラクがゆっくりDFラインでつなぐ。そこから中央へロングフィード。はじき返すもバイタルのこぼれ球を拾えない。
24m 原口が前線でプレス。ボールを取るも惜しくもファール。
27m ロングフィードで大迫がPA内倒されるもGKになる。スロー映像が流れ、DFが押しているが松木さん「どう見てもひっぱてるだろ」
28m 左サイドからつながれPAで昌子と1対1になる。ここは昌子が抑える。
29m 日本のカウンター。原口がドリブルで運ぶも本田がスローダウン。
31m イラク、左サイドにロングフィード。ヘディングで中央裏へ落としてくる。ここは吉田がラインを上げてオフサイドを取る。
31m 給水タイム。
35m 久保が裏へ走る。酒井からのボールは合わない。
36m カウンター。本田が中央から左サイドへドリブル。ゆっくり持ち上がり逆サイドのスペースへ展開。味方が上がる時間をつくる。
クロスが惜しくもDFにあたる。
40m イラク、右サイドをつないで裏を取ってくる。長友、昌子、遠藤とサイドに引っ張りだされる。 遠藤が体を入れて止める。
44m イラクがDFラインのボールをつなぐも出し所がない。
45m 左サイド長友から中央PA前で原口が受ける。裏に飛び出した久保にスルーを出すもパスが長い。
46m イラク、左サイドから右サイドへ大きく展開。23番が上がってくるが、久保が下がって対応。後ろへ戻させた。
9番が中に入り、長友を中央に引っ張る。サイドにできたスペースへ23番が上がってくる。

後半

後半も序盤は前半と似た展開。
イラクがつないで攻め、日本代表がカウンターを仕掛ける展開になった。

但し、イラクはサイドチェンジをしながらのサイド攻撃が多くなってきた。
一度右に展開し、酒井を中に絞らせてから左サイドへ振ってくる。
そこに上がってきたイラクのサイドバックと本田が1対1となる。
これを両サイドで行ってきた。
ただ、サイドを崩してクロスを上げてくるのだが、中の制空権は日本が勝っていた為、ピンチにはならなかった。

だが、得点のシーンはサイドからクロスを上げずにドリブルで中に切り込んできた。
そのため、対応が後手になった。
昌子がスライディングで止めようとするが届かない。
ただ相手もドリブルが大きくなり、PA中央をゴールに向かってボールが転がった。
これに吉田がいち早く反応したのだが、選択した対応方法は「川島で出てくるまで体を張ってイラクに触らせない」だった。
だが、川島がでてきたタイミングで詰めてきた相手、吉田、川島で交錯してボールがこぼれた。
これを押し込まれてイラクの得点となった。

吉田は簡単にコーナーに逃げるとかもう少しボールから遠い位置で体を張るとかあっただろうに・・・。
(今日の審判が接触プレーはあまり取らないタイプなのはここまでの流れでわかっていた事だ)
今日の吉田は他のプレーは出来が良かったのだが、このシーンだけやってしまった。
この辺が吉田らしいところか・・・。

そこから時間経過とともに日本の足取りが重くなり、ただただ守る展開になった。
さらに交代枠がなくなってから久保がひざを痛め、ドリブル、キックができないが交代できない状態となる。
後半終盤は完全に泥試合。
最後に日本はパワープレーに出るが、これも実らず引き分けで終了となった。

メモ

メンバー交代はなし。
3m イラク、右サイドから左サイドへ展開。深い位置で本田とアドナンの1対1。繰り返されると久保、本田は大変。
5m 遠藤からPA手前の久保の足元へ早いパス。久保ドリブル仕掛けるも足につかず。
7m 原口が裏にでたボールに走りこむ。PA付近で倒されるもゴールキック。松木さん・・・。まさかの無言
8m イラク、右サイドから左サイドへサイドチェンジ。アドナンがギリギリ間に合う。松木さん、「とどいたよ」。
  ここから1対1となった本田をかわしクロス。何とかクリア。
イラクは、本田、久保をサイドで1対1に引っ張りだす作戦の様だ。
11m 左サイドからカウンター。左サイドを深くえぐって、両手を上げて待つ原口へ。だが原口ボールが足につかずシュートもうてず。
13m イラク11番In
13m 井手口負傷退場。スライディングの際に頭を地面に叩きつける。
14m 交代選手が入るまで原口がボランチのポジションへ。
15m 日本のカウンター。大迫がボールを運んで本田へ。本田はペースダウンしようと大迫とパス交換しようとするが大迫とかみ合わず。
17m カウンターから本田左サイドへ。本田ボールキープでペースダウンさせる。
18m 今野が井手口に代わって入る。
19m 原口がPA前でためて上がってきた酒井へスルーパス。深くえぐってマイナスへ折り返すも大迫と合わないがDFもクリアしきれず。
こぼれ球を大迫シュートも入らず。
24m イラクの右サイドからの攻撃。10番がPA内でポストプレーでサイドに落としそこからクロスもDFはじく。
24m 原口OUT。倉田IN。松木さん。元気元気!原口元気!!
25m 酒井、足痛めた様子。久保も接触プレーで起き上がれない。
25m 右サイドから中央にドリブルで侵入してくる。昌子のスライディングも届かなかったが、相手もボールが長くなる。川島の前にボールがこぼれるも相手が詰めに来る。吉田が体を張って川島が出てくるまでキープしようとするが、川島と相手と吉田が交錯する。こぼれ球を押し込まれる。
30m 酒井高徳In。酒井宏樹はケガでOut
34m イラク5out、17In。
35m 左サイドの久保へサイドチェンジ。久保深い位置でボールを受けるもクロスを上げられない。左膝を負傷している感じ。
39m 右サイドFK。吉田、昌子が上がるも本田のFKは合わない。
40m 右サイドの酒井へ。酒井1対1も取られてカウンター。本田が全力で戻る。
41m 松木さん給水タイムがないことへ不満。「我々も給水タイムがほしい位なのにこれは選手厳しいねぇ
43m イラクの中央からのドリブル攻撃に対し、松木さんノーファール。ノーファール
44m 久保、ドリブルできそうにない状態。
45m 倉田がPAへ侵入しマイナスに折り返すが合わない。本田がこぼれ球を戻りながら反転してシュートするもふかす。かなり疲れぎみ。
48m FKからパワープレーを仕掛けるもはじき返される。
50m 吉田前線に残したまま。
50m 右サイドロングスロー。吉田が落として本田がシュートもGKに抑えられる。
引き分けで終了。

試合終了後の松木さんコメント「予選でオーストラリアに一度も勝っていないのはどうでもいい」・・・。勝しかないらしい。

吉田がインタビューで「1点取った後も攻めないといけない」発言。DFなら守ること考えろ。

総評

何がしたいのかよくわからない展開になってしまった。
布陣(遠藤、井手口のダブルボランチ)、DFラインの高さから見ては守ってカウンターがしたいのかと思っていた。
ただ、途中本田がボールキープしようとしていたシーンや試合後に吉田が「点とった後も下がらず追加点とりに行くべきだった」と言っていたことを考えるともっとボール保持してラインを上げたかったとみえる。
うーん、ボールを保持したいなら原口との交代は倉田より乾の方がよいだろう。

守って後半に点を取る想定が前半に点が入っちゃったから前に出るのか引くのかよくわからん状態のまま成り行きで試合終了まで戦った様に感じる。
というか日本は勝っている時に引いて守る文化がない。
点が入ってからスローダウンするならボールポゼッションしてスローダウンしてほしい。

◇◇◇ 日本ブログ村に参加しています ◇◇◇
にほんブログ村 日本代表

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクタングル大
固定ページ