オフサイド崩れ➀(2017 U-20 Wカップ 日本vsイタリア)

オフサイド崩れ➀

サッカーにおいてオフサイドをかけようとしてディフェンスラインを上げるがオフサイドをとれず、逆に裏を取られることがある。
今回は4人でラインを上げようとしたが失敗した例を挙げる。
2017 U20-W杯 日本vsイタリアの失点シーンでも同じ事が起きていた。

内容

赤色がオフェンスチーム(右に向かって攻める)。
青色がディフェンスチーム。

オフェンスのボランチがボールを持っている。
オフェンスチームのFWとサイドハーフが相手DFライン上で横一直線に並ぶ。
青チームのDFも横一直線に並んでいる。

オフサイド崩れ➀_1

ここから青チームはディフェンスラインを上げようとするが、サイドバックが上がらなかった。
このタイミングで赤チームからDFラインの裏へパスが出る。
オフサイド崩れ➀_2

サイドバックが上がらなかった為、オフサイドにならず、裏を取られてしまった。
オフサイド崩れ➀_3

まとめ

4人で一度にラインを上げるのは難しい。
細かいオフサイドラインの上げ下げは、DFが横一直線4人同時ではなく、センターバックだけでコントロールした方がよい。

オフサイド崩れ➀_4

◇◇◇ 日本ブログ村に参加しています ◇◇◇
にほんブログ村 日本代表

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

固定ページ
レクタングル大
固定ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
固定ページ